Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOP ≫ CATEGORY ≫ 読書
CATEGORY ≫ 読書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本: 緑陰の雨 灼けた月



 緑陰の雨 灼けた月
高里椎奈



「灰色の木を金色に戻す薬を下さい」
不思議な合言葉を告げると
トラブル相談所に早変わりする深山木(ふかやまぎ)薬店を
女子高生エリカが訪れる。

寝ている布団が突然泥だらけになる、
ぬいぐるみがカッターナイフで襲ってくる、
自宅で続く怪奇現象に悩む彼女に、
秋は4日で解決すると請け合うが?

Amazonより

***

分厚い割に
読み応えがなく、
今回はあまり楽しめなかった。

にほんブログ村 本ブログへ

本: 警視の秘密



警視の秘密
デボラ・クロンビー

翻訳 西田佳子


単純な水死と思われた事故に
なぜスコットランド・ヤードの警視がかり出されたのか。

被害者の喉にはあざのあとが残り、
その上、
アシャトン家ではこれで2人目の水死人となる。

当主は有名な指揮者、
夫人はオペラ歌手、
被害者の妻は画家という名門を、
キンケイドが調査していくと、
嫌な噂が聞こえてきた…。

Amazonより

***

これも、
どうしてこの邦題なんだろう
と思いました。

ただ今回は、
興味をそそらないという意味ではなく、
内容を表してる?
という意味で。

本自体は楽しめました。

緑豊かなイギリスの風景を想像しながら、
ゆったりした気分で読みました。

キンケイドとジェマの感情も
よく描かれていて、
好感が持てるキャラクターでもあり
良かったです。

にほんブログ村 本ブログへ

本: 死者の部屋



 死者の部屋
フランク・ティリエ

翻訳 平岡敦


はね殺した男のバッグには200万ユーロ。

失業中の二人組は
被害者を沼に沈め、
金を持ち去る。

だがそれは、
誘拐されたうえ
現場付近の倉庫から
扼殺体となって発見された
少女の身代金だった。

クリスマス休暇で
手薄なダンケルク警察では、
プロファイリングを無二の趣味とする
産休明けの巡査長リューシーが
捜査に駆り出される…。

Amazonより

***

気持ち悪かったけど、
スピード感もあって
退屈せずに読めました。

内容自体に新しさはないですが、
描写が上手で、
北フランスの建物や風景を
ちょっと想像しながら読みました。

グロイ部分も想像できて
気分悪くなったけど…

にほんブログ村 本ブログへ


本: チェシャ・ムーン

cheshiremoon.jpg

 チェシャ・ムーン
ロバート・フェリーニョ

翻訳 深井裕美子


不吉な猫の形の月の下で
奇怪な事件が続く。

探訪記者クィンと
ワサビ色の眼をした女性カメラマン=ジェン・タカムラの友人
アンディーの死体が空港脇の車の中で発見され、
往年のハリウッド・スターの身辺に“謎”が。

Amazonより

***

ハードボイルドなミステリーじゃないけど、
まあまあ面白かった。

ただ、
トッドが殺された理由が
クィンの推理だけで
実証できないというのはなんとも


それに、
一番悪い奴が捕まらないどころか
政治家になってしまうかも
しれないって…

こうして書いてて、
面白かったのか
と改めて考えてしまった。笑

にほんブログ村 本ブログへ

本: 捜査官ケイト



 捜査官ケイト
ローリー・R・キング

翻訳 森沢麻里


新任の女性捜査官ケイトを見て、
ベテラン捜査官のアルは
不満げだった。

だが事件は待ってはくれない。

サンフランシスコ郊外のコミュニティで
次々と発見された女児三人の殺害死体。

二人はお互いを意職しながら、
住民の聞き込みを始める。

容疑者とした浮かびあがったのは、
美しく才能豊かな女流画家。

彼女には
17年前、
女児殺害で刑に服した過去があった…

Amazonより

***

「そのケータイはXX」で書き忘れましたが、
この「捜査官ケイト」も
個人的にはタイトルが残念だと思います。
ちなみに、原題は A Grave Talent で良いんですよ。

面白いのに、
タイトルが全く興味をそそらない。
これももらった本ですが、
私なら手にも取ってなかったと思います。

もっと、内容を表現して
興味深いタイトルがあったはずなのに…
と読んだ後思ってしまいました。

タイトルとカバーって
とても重要だと思いませんか?

実際の本の内容はというと、
面白かったです。

人物の表情の描写が良く書かれていたので
その場その場が安易に想像できて、
ストーリーにもキャラクターにも入りやすかった。

犯人はもともとサイコパスですが、
罪もない女の子を数人殺すのも平気なほどの
プライドの持ち主。
その彼を描いたヴォーンの絵
見てみたいと強く思いました。

にほんブログ村 本ブログへ

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。