Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ Burg HohenzollernTOP ドイツ ≫ Burg Hohenzollern

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Burg Hohenzollern

近くにこんな大きなお城があったの
と昨夜の発見。
今日車を飛ばして行ってきました。

ホーエンツォレルン城

我が家から130キロほどの距離なので
”近く”とは言わないかもしれませんが、
ノイシュヴァインシュタインには行ったのに、
比較的近くの
この規模のお城を知らなかったなんて・・・

hohenzollern01b

山の上にあり、
遠くからでも
シルエットがとてもきれいです。

山の中腹辺りに駐車場があり、
私達はその中でも一番上にある駐車場に。
(2ユーロ)

そこからはシャトルバスで頂上のお城まで。
(大人2名・子ども2名 往復で8ユーロ)

hohenzollern01c
お城への入り口&チケット売り場

室内見学も含めた入場料は、
家族チケット(大人2名×子ども4人まで)で25ユーロ。

室内見学はせず、
建物の外だけを見る事もできますよ。

hohenzollern01d

ゆるい螺旋状の道を登っていきます。

hohenzollern01e

hohenzollern01f

hohenzollern01k

中庭に行く前に、
まずは建物の外側を歩いて
景色と銅像をチェック。

hohenzollern01h

hohenzollern01i

hohenzollern01j

どれだけ高い所に建ってるか
伝わりますか?

写真が多くなりますので、
興味のある方は
追記からお付き合い下さい

にほんブログ村 海外生活ブログへ


東北関東大震災 緊急支援クリック募金




ホーエンツォレルン家の家が
初めて言及されたのは1061年だそうですが、
ツォレルン城として明記があったのは1267年。

もともとの城の大きさや形は不明だそうですが、
1010年頃には建てられていたのではないかと思われてるそうです。

でもその城も1423年には完全に破壊され、
再建された後は
城主が何度も変わったようですが
三十年戦争(最後の宗教戦争)の間は要塞として使われたようです。

維持を怠ったため、
1800年代初期には廃墟化。

hohenzollern01l

城の回りをぐるっと一周して、
中庭に入ってきましたが、
カメラに納まらない・・・

hohenzollern01o

そして1850年、
王位についたフリードリヒ・ヴィレム4世が
長年の夢だった城の再建を始めたそうです。

1970年と1978年には
地震により
大きなダメージを受けたこともあるようです。

hohenzollern01m

ガイドツアーで回る室内での撮影は禁止ですが、
中庭から自由に出入り出来るチャペル↑はOKです。

小さいですが、
よく見るようなハデハデじゃないので
とてもきれいでした。

hohenzollern01p
室内ツアーを待ってる↑

室内ツアーはガイド付きが基本なので、
結構長かったです。
ドイツ語がわからない私達には特に。笑
ドイツ語以外でもありますが、それは別料金。
20人以下のグループなら160ユーロ。
20人以上のグループは一人につき8ユーロ。 
どっちも高い。

室内の床も古いままのようで、
靴の上から履くスリッパを着用しながらでした。

写真が撮れないのは残念でしたが、
内装もやはり興味深かったです。

ツアーがそれほど長くなるとは知らず
待ち時間も結構あったしね
ランチを後まわしにしていたので、
駐車場にあった軽食の店で遅いランチ。

hohenzollern01q

焼きソーセージとドイツのポテトサラダ

hohenzollern01r

サラミピッツァ

ソーセージもポテトサラダもイマイチでした

パリッとしてるソーセージが好きなんですが、
ドイツではそうじゃない方が断然多いような。
これもシュワシュワっとした食感・・・
お腹が空いてたので全部食べましたけどね。笑

ちなみに、
ホーエンツォレルン城は、
シュトゥットガルトの南50キロほどの所です。
現在 通行止めの道があり、
北からは迂回して少し遠くなります。

それにしても、
シュトゥットガルト周辺の道は
いっつも工事してて混むから嫌です
スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。