Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ シュパイアー大聖堂TOP ドイツ ≫ シュパイアー大聖堂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

シュパイアー大聖堂

speyer02a

シュパイアー大聖堂

正面から向かって右の側面から撮った写真。
大きすぎて入りません

残念ながら、
主人はワイドアングルレンズで撮ってなかったので、
私の写真で我慢です。笑

正面。

speyer02b

これは主人のワイドアングルレンズで。
私のカメラでは全体が収まりません。

それでも後方の塔はまったく見えません。

少し離れて、
歩行者路からは見えますが、
それでもさらに後方にある塔は見えませんね。

speyer02c

シュパイアー大聖堂は、
1981年に世界文化遺産に登録されました。

コンラート二世
(ドイツ王在位1024~1039年
神聖ローマ皇帝在位1027~1039年
ブルグント王在位1033~1039年)

が、自身の永眠の場所として
建造させた聖堂だそうです。

他にも、
後の神聖ローマ皇帝7人や
ドイツ王、その妻たちが葬られています。

大聖堂は、
二度フランスの攻撃に遭い、
二度の修復が行われ、
1961年には創建当時の姿に戻す工事が行われたそうです。

聖堂の外、南側には
素晴らしいオリーブ山の彫刻があります。

speyer02i

もともと聖堂の中にあったオリジナルが破壊されたので、
これはシュパイアーの彫刻家ゴットフリート・レンによって
19世紀に製作されたそうです。



speyer02d

シュパイアー大聖堂は
主祭壇に向けて続くメイン通路(↑写真)
(入り口から祭壇までではなく翼廊部分まで)
を列柱で分けられた
2つかそれ以上の側廊で囲まれるバシリカ式建築物で、
11世紀から12世紀に発展していったロマネスク(ローマ風)建築の中でも
最大級で、
強い影響を及ぼしていく最高級だそうです。

speyer02e

聖堂内のフレスコ壁画。
色の違いはカメラの違いです(^^ゞ

speyer02f

昔、文字が読めない信者でも理解できるようにと描かれた壁画。

1846~1853年の修復は、
フレスコ画で内装を飾ることも含めた
徹底的な修復だったそうです。

speyer02g

主祭壇。

上から吊るされた十字架が
素敵だったので思わず写真を。

speyer02h

姫はお小遣いでキャンドルを買って灯してました。

私たちは行きませんでしたが、
地下聖堂には、
修復された柩が安置されていて
一般公開されてます。

speyer02j

帰る前にもう一度正面に回ってみたら、
結婚式を挙げたカップルが写真撮影してました。


王子は2年生の時に遠足で行ってるシュパイアー大聖堂ですが、
私たちは初めて。

聖堂の中はひんやりして寒いくらいでした。

それにしても大きい!

教会の中ってなんだかホッとしますね。
何も話さなくても、
暫くただ座ってられます

情報はWikiを参考にしました。
スポンサーサイト

Comment

編集
立派だね~
私は無宗教だけど、教会に行くと空気が違うと感じる。
日本のお寺や神社もそう。
清らかなんだよね。 なんだろう?目に見えない何か。。。不思議v-352
カメラの違い、よくわかる~(^^;
2010年05月24日(Mon) 02:31
編集
すっごい大きいね。
教会って私自身中々行くことがなくて、なのでSissyさんの写真をみては凄いなぁと思ったりしています。
お寺は良く行くけれど(^^ゞ
お寺はお寺で凄いと感動するけれど、教会も素敵ですよね。中がひんやりするの写真でも伝わってきますよ。

結婚式を挙げたカップルいいねいいねぇ。
私はもう一度ドレス着たいなぁ(笑)
2010年05月24日(Mon) 11:01
編集
すごい大きそうな立派な教会ですね!ワタシは無宗教だけれど、お寺も教会も行くの好きです。(笑) 気持ちが穏やかになるもんね。(笑)

日本もそうだけれど、歴史のある国はこういう建物や文化がやはり素晴らしいですね・・・i-189 アメリカとは違う~!とか思ってしまう。もちろん、アメリカはアメリカで良いトコロあるけどね。(笑)
2010年05月24日(Mon) 14:39
pekoさん
編集
そう、お寺や神社も確かにそうだね。
適度な緊張があるのに穏やかで心が落ち着くよね。(^^)
pekoさんが言うように空気さえ違うように感じて本当に不思議。

カメラの差はこうして見ると、悲しいくらいにハッキリしてるよね。o(TωT)o

2010年05月24日(Mon) 14:52
neneriさん
編集
私はneneriさんと逆で、お寺はあまり行くことがなくて。
父が亡くなってから頻繁に行くようになったけど、それまでは初詣さえしなかったので、本当に数えるくらいしか行ったことないの。
修学旅行でとかね(^^ゞ
いつかお寺や神社もゆっくり行ってみたいです(^^)

> 結婚式を挙げたカップルいいねいいねぇ。
> 私はもう一度ドレス着たいなぁ(笑)

そういえば、neneriさんたちは式はしてない?
ドレス着て記念撮影は?
まだ二年目だし、今からでも遅くないよ!
私もneneriさんのドレス姿みたいです(*´v`*)
2010年05月24日(Mon) 15:18
Omamamaさん
編集
> 日本もそうだけれど、歴史のある国はこういう建物や文化がやはり素晴らしいですね・・・i-189 アメリカとは違う~!とか思ってしまう。もちろん、アメリカはアメリカで良いトコロあるけどね。(笑)

わかる~(^^)
アメリカはアメリカで良いところがたくさんあるけど、日本やヨーロッパの建物を見ると、アメリカの歴史の浅さを実感しますね。
Omamamaさんはお寺も教会も好きなんだね(o^^o)
私はどちらもプライベートではあまり行く機会が無くて(^^ゞ
でもホント、空気が神聖で気持ちが穏やかになるね。
ふらっと立ち寄るのもいいかもしれないと思いました。^^
2010年05月24日(Mon) 15:21
編集
式もしてなければドレスも着てません(_ _。)
旦那には今の体重をもとにもどしたら写真いいよって…
厳しいノルマを与えられました(笑)
本当は沖縄に行った時に泊ったホテルが写真とる事可能でお願いしようと思ったのだけど、予定びっちりだったので諦めたの。
旦那がね札幌だと恥ずかしいんですって。旅行のついでならまだいいかなってわがまま言ってるし( 艸`*)ププッ
いつかお披露目出来ればいいのですが難しいよぉ
2010年05月24日(Mon) 15:29
neneriさん
編集
> 式もしてなければドレスも着てません(_ _。)

そうなんだぁ(ノд-。)
でも私たちも式は挙げてないの。
記念写真は友だちがプレゼントしてくれたから撮れたようなもので・・・
それがなかったら、私もドレスさえ着る機会はなかったかもしれない。(^^;)
それにしてもご主人、体重のノルマを与えるなんて厳しい~。汗
まっでも、地元では恥ずかしいというのはわかるような気がする。(^^)
沖縄で出来たらって思ってたのね。
実現できなかったの、私も残念!
でも確かにスケジュールはびっしりだったもんね(*>艸<)
また機会があるといいね♪
2010年05月24日(Mon) 15:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。