Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ ピラミッド△と教訓?!TOP エジプト ≫ ピラミッド△と教訓?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ピラミッド△と教訓?!

giza01a

いつものご飯日記と交えながら
エジプトの旅行記も進めるつもりでしたが、
後回しにしてたらこんなに時間が 

すっかり忘れてしまった前回の日記
カイロのバザーで終わったんでしたね。
ブログ日記をチェックして確認。笑

その後、
カイロ考古学博物館へ行きましたが、
博物館へのカメラ持ち込みは禁止なので
残念ながら写真はありません。

激混みでガイドの説明も半分ほどは
全く聞こえず、
前へ進むので精一杯

でも、
写真などでもよく見る
ツタンカーメンの黄金のマスクの実物には
子どもたちも私も!感動してじっくり見てきました。

その後は皆お待ちかねのピラミッド。

カイロ市内からも見えてくるので、
その時点で興奮

バスが到着する前に、
ピラミッドへ入る希望者確認とチケット購入。

ピラミッドの中は、
ピラミッドの外と全く同じ

 ですよ。

空の棺があるだけです。


と強調するガイド。

狭くて中腰にならなきゃいけないので、
閉所恐怖症の人や
腰が弱い人は遠慮して下さいと注意をするが、
明らかに勧めてない口調

それでも希望する人?
と聞いて手を挙げたのは、
子どもたち
プラス 私。笑

子どもたちだけで行かせたくなかったし、
私も見たかったもの~。

ピラミッド到着前に
他にも注意事項がありました。

ピラミッド周りにいるらくだには乗らないこと

ターバンなどを頭に乗せてきて
その料金を取る(強制的に売る)人にも注意をすること


悪質なのが多いので、
仲介役にならざるを得ない
ガイドにとっても悩みの種だそうです。

それなら規制すればよいことでは?!
と思ったんですが、
そうはいかない事情があるのでしょうね。

そうして到着したピラミッド。
写真はサムネイル含めます。

giza01bs


大きい~。

当たり前の反応だけど、
やっぱりそれ以外に最初の印象はない。

個々の石と人間を比べてみて、
トップ画像のピラミッドが
どれだけ大きいか想像してみて下さい。

高さや大きさを数字で表現されても
ピンとこない私なりの表現です(^^ゞ

早速ピラミッドをバックに子どもたちの写真を撮っていたら・・・

giza01c



いつの間におじさんがやって来て、
Tシャツを姫にあてる

ターバンじゃないけど、
着いたばかりで
ガイドに注意されたことがおこるなんて~。

注意されたからこそなんですが、
主人が怒って
「子どもには触るな
と怒鳴ったのにもかかわらず、
「この方がEasyだから」
と意味不明な事を言って
Tシャツをあて続けるおじさん。

主人も引き下がらず大きな声で相手をしたものだから、
子どもたちは主人の声に驚いたかもしれない

王子が後で、
「あんな冷たくしなくても良かったのに・・・」
と私に言ってきたんだけど、
説明するのは本当に難しかったです。

断ったりするにも言い方がある、
人として正しい接し方があるというのを
理解してるからこその意見だと思ったからね。

でも、それが通らない場合もある。

正しいと思っている接し方をしてると
要らないものまで買わされたり、
何倍もの料金を払ったり、
バカを見ることもある。

だからと言って、
この場合は、
その人たちが悪い人という事ではない。

生活するために必死なんだって、
そのまんまを説明しました。
説明が正しかったか、
十分だったかは
私自身も今でも疑問です。

giza01hs
どのツアー客も同じような注意を受けてるのか
暇そうならくだが多かった。


このカイロツアーで一緒だったアメリカ人ファミリーと
偶然ドイツへ帰る飛行機が同じだったんですが、
ピラミッドでお母さんも
全く同じ経験をしてたことがわかりました。

彼女の場合は、
子どもにあてたTシャツを取り上げて
地面に叩きつけたそうです。

そしたら下の子(6歳くらいかな?)
「マミィ、そんな意地悪にしなくても・・・」
と言われたそうです。

それを聞いて、
同じような想いをしたのは私たちだけではなかった
とホッとしたのと同時に、
子どもに自分の行動を説明しなくてはいけなかった
お母さんの気持ちを考えると、
とても複雑な気持ちになりました。

らくだに乗せた時は
ガイドが最初から仲介に入ってて問題なかったようですが、
近くでらくだに乗った人たちは
降ろしてもらえずに
泣きそうだったと話してました。

そうなんです。

らくだに注意しろと言うのは、
私たちのタクシーの件と同じで、
乗る時に言われた値段と
降りる時の値段が違うから・・・

One dollar! One dollar!

注意されてなくても、
いくらなんでも、そんなに安くはないだろ!
と思う値段で誘ってくる。

1ドルより少し高いくらいだと
安心して乗る人もいるのかもしれない。

そして、
降りたいなら○払え!
と言われ、
払わないと降ろしてくれないので問題になる。
らくだって想像より背が高いのよ~
ジャンプなんて問題外!



ピラミッド到着直後にそんなことがあり、
無事Tシャツ売りのおじさんを追い払って
写真を撮り終えて周りを見てみると・・・

ガイドがいない。

同じバスの人たちも見かけないような・・・
と思って必死で探して、
数人見つけてホッとしたのもつかの間、
さっきの話に出てきたアメリカンファミリーの
お父さんの方が駐車場から呼びに来てくれた。

「このピラミッドには入れないから、
一日に許可される人数に限りがある
別のピラミッドに移動するそうです。」



見覚えのある人たちに
私と主人も声をかけて一緒にバスに戻ると、
ガイドはバスでのんびり座ってました。



長くなったので別の日記に続きます。(^^;)

***

【 ギザのピラミッド 】

最もよく知られているピラミッドの集まりで、
このクフ王のピラミッドが最大規模で
現在の高さ138.74m(建設時の高さ146.59m)。

紀元前2540年頃に
20年以上かけて建築されたと考えられてる。

平均2.5トンの石材を
約270万~280万個積み上げたと計算されてるようです。

規模だけではなく石積技術も、
底辺の誤差が20センチという最高水準だそうです。

形も、
最も美しいとされる黄金比だとか。

4500年以上も前に人間の手で造られたものだなんて、
言葉で表せない感動ですね。

(情報はWikiより)

スポンサーサイト

Comment

編集
ピラミッドの記事楽しみにしてたけど
なかなか登場しないから私も忘れてました。(^^;
やっぱり大きいねー! いったい何段あるの? 
これ全部手作業で積んだんだよね?すごいなー
そしてピラミッドってひとつだけじゃなかったのだと知った私です(恥)
ピラミッドまわりの押し売りたち、ご主人が声を大きくして言わないと
引き下がらないほど手強いんだ。
ラクダに乗らないように、、、ってそういうことだったのかーー
一ドルだったら絶対乗ってしまうよー! ガイドさんの注意は聞いておくべきだね。
続き早く!早く!(笑)
2010年05月16日(Sun) 07:22
編集
あ~~なんだか大変な旅行ですね~
安心して観光もできないなんて
2010年05月16日(Sun) 11:42
pekoさん
編集
pekoさん、ピラミッド楽しみにしてくれてたなんて嬉しい~(ノд-。)
でも忘れてたのね。笑
実は私も、このままUPしなくてもいいかななんて思ったことも。(^^;)
でもピラミッドをUPしないっていうのは犯罪のような気がして。大げさ?(*≧m≦*)
ピラミッドはこの場所(ギザ)だけでも6つあるんですけど、計138個ものピラミッドがエジプト中で見つかってるそうですよ。
この記事の写真のピラミッドが最大で、有名なのもこのギザのピラミッドの集まりですよね。
高さや大きさは私も興味があったので、調べて追記にしてみました。('v'*)
押し売りの人たちは自分が嫌な人にならないと負けてしまうくらい手強いのよぉ(+_+)
エジプトで何が嫌だったかというと、ダントツで押し売りの人たちとのやり取り。
気持ちが疲れました。orz
残りも頑張って書きます!笑
2010年05月16日(Sun) 15:24
月さん
編集
本当に大変でしたよ(+_+)
どこへ行っても物売りの人たちとのやり取りが一番難儀でした~。
もっと普通に売ってくれてたら、ゆっくり見て買い物したかったのに~!と残念に思ったほど。
Tシャツだって、もしかしたら欲しいデザインかもしれないじゃない?
でもそう思わせてくれないのがね・・・
エジプト、こういう面がなかったらもっと魅力的な旅先になるんだけどね(^^ゞ
2010年05月16日(Sun) 15:28
編集
ピラミッド・・・私も一つだけだと思ってました。
エジプト旅行では色々な体験をしてきたのね。

物売りの人たちとのやり取りは、子供達の前では酷だ
よね。
私が香港、マカオに行った時も似たような事をガイドさんにいわれたな。
子供達が売りに来る物を買わないように!とか。
気持ちとしては買ってあげたくても要らないような物だったり・・。
でもラクダに乗るは悪質だよね。
旦那さんが頑張ってくれて良かったね。
2010年05月16日(Sun) 20:23
編集
ピラミッド情報の追記、ありがとう!
スゴイ!の一言しか出てこない~
建設中に事故でなくなった人とかも沢山いただろうな~とか
あのてっぺんまで登った人がいるのだろうか?
とか、いろいろ考えてしまうわ。
続きは読みたいけど、私がせかしてしまうようなコメントをしてしまったかも?と反省。
いつでもいいからね~(^^; すでに忘れてしまうくらい待ってたし(笑)
2010年05月17日(Mon) 01:24
編集
写真でもこれだけの迫力なんだから実物を前にすると圧巻なんでしょうね~。
それにしても古代の機械もない時代にこれだけの石を積み上げるというのはやっぱり 相当な数の人力を要したんでしょうね。
ブロックをひとつ持ち上げるだけでヒーヒー言っているので この労働、考えるだけでも気が遠くなる~。

私、車のディーラーとか家具屋さんでセールスマンについてこられるの、すごく苦手なんですよ。 自分が聞きたい事があればちゃんと聞きにいくっつーのに。。。みたいな。笑
とにかくプッシュされるのが嫌いなんです。だから 生活のためとはいえ、こんな風に半強制的にらくだから下ろしてもらえなかったり シャツを勧められたりすると せっかくの楽しい旅行気分も半減かも。
一度“要りません”って言った時点で諦めてくれたら声を荒立てなくても済むってものです。
2010年05月17日(Mon) 02:15
あんずさん
編集
あんずさんも香港・マカオの旅ではガイドから同じような注意を受けたんだね(+_+)
貧困の厳しい地域や発展途上の国ではよくあることなのかもしれないけど、私は初めての経験で精神的に辛いなぁと思いました。
やり取りも疲れるしね・・・
そう、値段は安いから買ってあげたい気もするけど、要らないものだったり、そうすることで他の売り人も集まってくるのかと思うと面倒という気持ちが先にきてしまったり(^^;)
エジプト、色んな意味で興味深い旅行でした。
2010年05月17日(Mon) 13:53
編集
お友達がエジプトに行ったことがあって、お土産の押し売りのたちの悪さは聞いたことがあります。

「人にはやさしく接する」と教えられている子供たちにとってはショックなことなのかもしれませんね。難しい。近所にちょっと困った男の子がいて、勝手に家の中に入ってきたりするので、最初は普通に「だめよ」と言っていたのですが、最近ではきつく、簡潔に「だめ」と相手の話も聞かない。犬を飼っているご近所さんは本当に迷惑しています。ご近所さんみんなが結構厳しい態度をとっているのわかります。

通じない相手っているものね。まぁそれもいい社会勉強なのかも。
2010年05月17日(Mon) 13:54
pekoさん
編集
せかしてるようなコメントなんてとんでもない!
正直に嬉しいコメントでした(o^^o)
でも、pekoさんが期待してるようなことは書けないかも・・・(^^;)
先に謝っておこうっと。笑 ごめんね。
本当に見たまんまの岩で何もないからね。
登らないようにっていう注意書きがあったけど、写真のように登る人は登るんだよねぇ。
でも岩一つ一つが大きいから限界があるみたいで、あまり高くはいけないみたい。(^^ゞ
でも建設された時から現在まで、上まで行ったことがある人がいるのか興味あるね。
建設中には事故などで亡くなった人もたくさんいそうだよね・・・
疑問がたくさんあるpekoさん、行ったら楽しめそう(*^^*)
2010年05月17日(Mon) 14:03
Ziggyさん
編集
> とにかくプッシュされるのが嫌いなんです。だから 生活のためとはいえ、こんな風に半強制的にらくだから下ろしてもらえなかったり シャツを勧められたりすると せっかくの楽しい旅行気分も半減かも。

全くその通りです。
主人にも言ったんですが、こういう売り人とのやり取りがなければエジプトは楽しい旅先。
最初の断りをすんなり聞き入れてくれればラクなんですが、ものすごくしつこいので、断るのも無視し続けるのも疲れるほど・・・
ピラミッドや遺跡は私が今まで見た物とはスケールが違うし本当に素晴らしいのに、こういう面が心から残念だと思いました。
それでもエジプトが大好きで何度も訪れるという人がいるのを知ると、そういう人たちはエジプトと何かしらの縁があるんだと思います。^^
リゾートだけ目的にする人は別ですが。笑
2010年05月17日(Mon) 14:24
編集
おぉ~!待ってました!!ピラミッドi-189

しかし、旅行の名所っていうのはどこも詐欺師みたいなのがいっぱいなのね。日本はそんなこともないだろうけど・・・i-201 メキシコに行った時にも旅行者狙って高く売りつけてくる人居たし・・・!

何より許せないのが、バスガイドだね!連絡してよ~!!って。バスの中で休んでいるとは何事???って感じよね。
2010年05月17日(Mon) 14:29
Mumin Mammaさん
編集
> 通じない相手っているものね。まぁそれもいい社会勉強なのかも。

本当ですね。
エジプトは極端な例ですが、同じ国の人でも、Mumin Mammaさんの近所の男の子のように親の育て方が違ったり価値観が違うだけでも通じないことってありますもんね。
ホント、ある意味いい社会勉強になったんじゃないかと思います。
それにしても、今こうして思い出すだけでも疲れます。(^^ゞ
2010年05月17日(Mon) 14:29
編集
エジプト記事登場しましたね( 艸`*)ププッ
旅行日記って、後でアップしようと思っていたらタイミングがなくて放置しちゃうことありますよねって私だけ?
ピラミッドって本当に大きいですよね。(テレビで見ただけだけど)
これを作った人たちがもっと凄いと思ってしまいますよ。
あの巨大ない石を積み上げてく作業、ピラミッドの中にはもちろん歩く通路もあれば、棺を置く場所もあり、こんなふうによく考えられるものだと感心してしまうんですよねぇ…
作ってる再現VRとか見ると当時の人たちって凄すぎる!と思ってしまう。

ピラミッドの周りでは何やら気をつけなきゃいけないことがたくさんあるんですね。
子供にTシャツをあてつけるところがまた嫌な感じですね。
王子やアメリカ人ファミリーの妹さんにしてみれば冷たい言い方に聞こえてしまうのねって事に気付かされました。
大人だけだとなかなか気付けなかったかもしれない…
そういう風にして売りつける人たちを嫌な奴だとインプットされてしまっている私達は、どんな冷たい言い方でもしてしまうから。
子供への説明は大変かもしれないけれど…
王子も大人になった時わかると思いますよ♪
2010年05月17日(Mon) 14:34
Omamamaさん
編集
ガイド、ひどいでしょう~!(-_-#)
ツアーの後、しっかりホテルのツアーデスクに苦情を出しました。
このガイドはカイロでピックアップしたので、ツアーの度に雇われるフリーランスのガイドだろうとは思ってましたが、もう雇わないと言ってました。
同じツアーの他の客からも苦情があったみたい(^^;)
メキシコ、私はティファナまでしか行ったことがないのでよく知らないけど、貧しい地域では普通に注意しなきゃいけないことなんでしょうね。
そう思いながら行くのもちょっと悲しい気がするけど・・・
2010年05月17日(Mon) 14:35
neneriさん
編集
> エジプト記事登場しましたね( 艸`*)ププッ
> 旅行日記って、後でアップしようと思っていたらタイミングがなくて放置しちゃうことありますよねって私だけ?

いいえ、私も仲間です(*≧m≦*)
もういいかな?と思ったけど、エジプト旅行記でピラミッドなしなんていうのはさすがにダメかなと。(^^ゞ
でも久しぶりだからこそ、新鮮な思いで書けるというのもあるみたい。
振り返りながら、結構楽しんでUPできてます。笑
うんでも、造った人たちは本当に凄いよね。
数千年後に生きる私たちが見ることが出来るものを作っちゃうなんて・・・
20年以上もかけて、何人の人が犠牲になったんだろうって思うと複雑な気持ちにもなるけど。
売り人とのやり取りは、お父さん(主人)が意地悪だったんじゃないと説明しなきゃいけなかったから私も必死でした(^^ゞ
だからと言って、どこに行っても売り人にそういう態度を取るのがOKとは思って欲しくなくて・・・難しいねぇ。
大人になったら王子も理解してくれると信じていましょう。(^^)
2010年05月17日(Mon) 15:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。