Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ カイロ CairoTOP エジプト ≫ カイロ Cairo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

カイロ Cairo

cairo01a

エジプトでのオプションツアー2つ目は
カイロ。

朝(真夜中過ぎ)1時の出発だったので、
Jちゃんパパ、
今回はパス。笑

Jちゃんママは考えることも迷うこともなく、
やっぱりココ↓

pool side

旅行前に
「私は観光地へは行かないから写真撮ってきてね♪」
とは言われてましたが、
彼女、
ハルガダへ買い物に行った以外は
本当にずっとホテルでした。

Jちゃんはピラミッドを見たがってたので、
同じホテルだったアメリカ人の家族も一緒だし
私たちの負担が少なくなると思ったようで、
Jちゃんを私たちに預けてくれました。

その家族にも
偶然、姫たちと同じ年の女の子がいて、
すぐに意気投合して
ホテルでも三人はずっと一緒だったんですよ。


眠気眼で乗り込んだバスが
カイロに着いたのは8時過ぎ。

アフリカ最大の都市というだけあって
遠くにはビルや建物が並び
大きな都市だというのが窺えます。

この日のガイドは女性で、
カイロ市在住。

「東京に次いで世界第二の都市」
と繰り返していてとても誇らしそうでした。

ちなみに人口は2千万人だそうですよ。

でも、周りを眺めても
東京の次に大きいとはピンとこない・・・

cairo01c

市の外れは空き地もあり、
こんな景色も見られ、↑↓

cairo01d_s

並ぶ家や廃墟も

cairo01b_s

cairo01e_s

cairo01f_s

ちょっと哀しい感じ。。。
サムネイル含めてます。
興味があったらクリックして下さいね。


オールド・カイロと呼ばれる
カイロ発祥の地の外れで、
現在の政治・経済の中心街とは
異なるからかもしれませんね。

cairo01g

渋滞も都会ならでは。

cairo01h

でも車線がなく、
バラバラ

cairo01i

cairo01j_s


ムハマド・アリ・モスク↑では写真を撮りに降りただけ。

この後オールド・カイロへ向かいます。


cairo01k

この地区に住むのは
労働者階級 working-class だそうです。

最初にガイドが連れてってくれたのは、
カイロのバザー(市場)。

cairo01l

この高い塔を目印に
集合時間を告げられ
自由に散策。

cairo01m

あまり奥には行かないように!
荷物には気をつけるように!

と注意を受けて出発。

早いのかまだ開かない店も多く・・・

cairo01n

道も細かったり広かったり、
迷路のように広がってます。

cairo01p

cairo01q_s

庶民が利用するバザーなので、
お土産になるようなものだけでなく、
ハーブやティーなども色々あります。

でもね、
ある路地で
ものすごいものを見ました

cairo01s_s

写真のお兄さんのように
水をまいて店舗前を
きれいにしてるところはいいんですが、
赤い液体がところどころに溜まってる路地があって、

血じゃないよね?


まさか血じゃないよね~??


と思いながらも進んで行くと

臭いが益々強烈になり、
ついに吐き気が

買い物どころじゃない!

こんなところ嫌だ~
と思って通り過ぎようと進んでいくと、
ありました


内臓

が路地の真ん中に放置。


もちろんその周りは血の海。


何の内臓か血か知りませんが、
鶏とかそういう小さなものじゃなかったのは確か。

食料用の動物を
そこで解体・販売したよう・・・

近くの壁には血の手形まで。


人々にとっては大切な市場だし、
お肉など売ってて当たり前だけど、
片付けとか掃除とか・・・なし?!

おもしろそうなものもたくさんあったし、
ゆっくり見たい気持ちもあったけど、
それもこの時点では見事にゼロに。

できるだけ早くバスに戻りた~いという気持ちで
集合場所へと向かいました。

よって、バザーでの収穫はなし。

cairo01r_s

***

おまけの写真

cairo01t

タイムスリップしたような
雰囲気が漂うエッソ。

ガイドに
エジプトでは公共トイレを使うのにお金を払う必要はありません
と言われたんだけど、
このカイロ手前のエッソでも、
ルクソールのカルナック神殿のトイレでも
人が立ってて請求されたの。

ガイドに言われる前だったから
”払わなきゃいけない”
と思い込んで払ってしまった~。

でもペーパーがないトイレが殆どなので、
この女性が売ってるペーパーが欲しいなら
お金を払って入らなきゃいけないですねぇ。

ちゃんとホテルから小分けにして持って行ったのに
払っちゃったし。

カルナックのおじさんは
まるで払うのが当たり前のような態度で請求してきたけど、
王子だったし
めちゃくちゃ暑くて腹が立ってたので無視したけど。汗

でも観光客はみんな払ってました。

小銭がなくて払えない人は我慢もしてた…

考えてみれば、
トイレ掃除の人でもない
普通の格好だったわ。

公共のトイレで稼いでる人がいるってことね。

エジプトへ行く人は覚えておいて

値段が書いてない公共トイレは
払う必要なし!

でも、
しつこく「払え」と言われる覚悟はしててね。汗

スポンサーサイト

Comment

編集
長いことバスに揺られてカイロまで行ったんだね~
血の水溜り、公衆トイレでお金をとる人たち
車線のない道路(怖!)・・・・などなど
読んでてSissyさんの驚きがありありと伝わってくるけど
Jちゃんママは文字通り本当の休暇旅行。(^^;
旅行先は同じなのに、全く違ったバケーションの楽しみ方で面白いね~
カイロが東京に次いで世界第二の都市なの!?
NYやロンドン、パリは???
2010年04月28日(Wed) 04:57
編集
いやぁ 夜中に出発は疲れますねぇ。
Jちゃんパパママさんはどちらも行かなかったのね(笑)
姫とJちゃんはお友達ができた感じでなんだか楽しそうね♪

車の量凄いね。それも車線ないからめっちゃ怖いんですが!!

それにしても路地で内臓って…
もぅ読んでるだけで吐き気しますけどぉ 収穫ないのわかります!!

公衆トイレでお金を取るのね…
なんだか私トイレに行けないきがする(_ _。)
行ってみたい国だけど、Sissyさんのブログで満足しようかなぁ。
Jちゃんママのようにずっとホテルで満喫でいいかもぉ(笑)
2010年04月28日(Wed) 09:16
編集
片道7時間のバスライド、お疲れ様です。 7時間というと前にちょっと住んでいたRenoからラスベガスの距離です(平均70mphで) 結構長いですよね。
カイロって世界で第2大都市なんですか? 何を基準になんだろう。。。 私はメキシコシティとかニューヨークが東京についで2,3位だと聞いた記憶があるのだけど、それも何を基準にしてるのかは定かではありません。笑
でも、せっかくバザーに行ったのに買い物どころじゃなくて残念!
観光客からこういう風にお金をふんだくらないといけないほど生活が苦しいという事なのかな? こういう経験もまたちょっぴり残念な気がしますね。
2010年04月28日(Wed) 09:38
編集
またまた未知の世界の本当の(?)エジプトが知れて嬉しいです。かなりカルチャーショックだけど・・・!(笑) 車線のない道路もイヤだし、血まみれの道路もイヤ~i-240 トイレに入るのにお金払うっていうのも何かなぁ・・・慣れないせいか、許せない!とまで思ってしまうワタシ。(苦笑) こっちでもね、随分前だけれど、お店(ファーストフード店)に入ろうとしたらドアを開けてくれた親切なおじさんが居て・・・。当然そのおじさんもお店に入るんだと思って、“Thank you!”って言ったの。だけれど、ドアを開けてあげたからお金をくれ!!っていう話だったの。ワタシは避けられたし、言われてもあげるつもりはなかったけれど、結構あげる人居るのね~ビックリ。そのおじさんったら、シカトする様な人には追っかけてってまでお金の話してたのよ!!(汗)
2010年04月28日(Wed) 14:56
pekoさん
編集
> カイロが東京に次いで世界第二の都市なの!?
> NYやロンドン、パリは???

私も同じこと思った。笑
そんな風には全く見えないんだけど、人口で考えるとそうなんだろうねぇ。
でも東京と言っても関東地区(首都圏)のことを指すらしくて、NYやパリなどの定義ってどうなってるの??とふと疑問に思ったり。。。
土地がまだまだ空いてるから、この勢いでいくとカイロが世界第一になる日も近いかも!?

Jちゃんママは本当に典型的なドイツ人の休暇を満喫してました。笑
ある意味羨ましいよね。
見たいものがないということは、見れなくて悔しい思いをすることもないわけだから、本当の意味でFreeだわ。(^^)
2010年04月28日(Wed) 14:57
neneriさん
編集
> 公衆トイレでお金を取るのね…
> なんだか私トイレに行けないきがする(_ _。)

大丈夫! お金と言っても大した額じゃないのよ~。
でも払わなくていいと聞くと、しまった!と思うのよね(^^;)
無視すればいいんだけど、本当にしつこくて…

> 行ってみたい国だけど、Sissyさんのブログで満足しようかなぁ。

ダメ、ダメ!やっぱり行ってみなきゃ(o^^o)
こんな思いもして気疲れしたけど、それでも行って良かったと思えるんだから、neneriさんなら絶対に楽しめるって♪

姫たちは新しいお友だちが出来て本当に楽しそうでした。(^^)
ご両親も話しやすく良い人たちで、同じドイツだけど同じ街じゃなくて残念です~。
道路怖いでしょう?(〇_o)
カイロで運転するって勇気がいるよねぇ。事故の数とか知りたい。(^^ゞ
案外少なかったりして・・・・ ??
2010年04月28日(Wed) 15:09
Ziggyさん
編集
> カイロって世界で第2大都市なんですか? 何を基準になんだろう。。。 私はメキシコシティとかニューヨークが東京についで2,3位だと聞いた記憶があるのだけど、それも何を基準にしてるのかは定かではありません。笑

そうそう、基準がね、どうなんだろうって私も。笑
彼女は人口を強調してたので人口からすると第二なんでしょうけど、東京も都市圏(1都7県)の人口を見て第一だそうなので、範囲の区切りの基準がイマイチ理解できてない私。(^^ゞ

> 観光客からこういう風にお金をふんだくらないといけないほど生活が苦しいという事なのかな? こういう経験もまたちょっぴり残念な気がしますね。

本当にそうなんです… 
払って当たり前という態度で来られるので、それをはねつけるのにも、無視をするのにも気疲れしてしまってクタクタ。
お土産の値段も交渉なので、そういうのでも疲れるし、正直、人とのやり取りがなければ何倍も楽しめる国だと思いました。
2010年04月28日(Wed) 15:16
Omamamaさん
編集
え~っe-350 そのおじさん、嫌だぁぁぁ。
アメリカにもそんな人が出没するなんて。orz
ドアを開けてもらったくらいでお金払うかっていうの!
それにしても衝撃的。 
カイロの内臓も衝撃的だったけど、まさかカリフォルニアでそういう人がいるとは…
すぐには立ち直れそうにない。(ノд-。)
嬉しいと言ってもらえて私の方が嬉しいです(*´v`*) ありがとう♪
2010年04月28日(Wed) 15:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。