Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ 本: 警視の秘密TOP in Japanese ≫ 本: 警視の秘密

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本: 警視の秘密



警視の秘密
デボラ・クロンビー

翻訳 西田佳子


単純な水死と思われた事故に
なぜスコットランド・ヤードの警視がかり出されたのか。

被害者の喉にはあざのあとが残り、
その上、
アシャトン家ではこれで2人目の水死人となる。

当主は有名な指揮者、
夫人はオペラ歌手、
被害者の妻は画家という名門を、
キンケイドが調査していくと、
嫌な噂が聞こえてきた…。

Amazonより

***

これも、
どうしてこの邦題なんだろう
と思いました。

ただ今回は、
興味をそそらないという意味ではなく、
内容を表してる?
という意味で。

本自体は楽しめました。

緑豊かなイギリスの風景を想像しながら、
ゆったりした気分で読みました。

キンケイドとジェマの感情も
よく描かれていて、
好感が持てるキャラクターでもあり
良かったです。

にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。