Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ 本: 禍家TOP in Japanese ≫ 本: 禍家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本: 禍家



 禍家(まがや)
三津田信三


「ぼうず、おかえり…」

12歳の少年・棟像貢太郎は、
近所の老人が呟く言葉に
不吉な予感を覚えていた。

両親を事故で亡くし、
祖母と越してきた東京郊外の家。

初めての場所のはずなのに、
知っている気がしてならないのだ。

そして、怪異が次々と彼を襲い始める。

友達になった少女・礼奈とともに探り出した、
家に隠された戦慄の秘密とは?


***

怖かったけど(から?)面白かった!

でも単なるホラーではなく、
サスペンスです。

やけに大人びた
落ち着いた12歳ですが、
両親を一度に亡くしたことや
祖母への思いやりを考えると
こういう子もアリかなと私は思えました。

私ならすぐに失神してそうな
家での体験への反応は
ちょっと無理がありますが、
でもこういう子がいたっていいでしょう。
小説だし。笑

そんなに長くないのに
読み応えがありました。

最後の一行で背筋がゾクッとしましたが、
少年ならきっとまた大丈夫
と思えて読み終える事ができました。

でも、静かな、
幸せな生活を送らせてあげた~い。

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。