Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ 本: Sleep TightTOP in English ≫ 本: Sleep Tight

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本: Sleep Tight



Sleep Tight
Rachel Abbott


”夫が子どもたちを連れて
出かけたが帰ってこない”
そう通報があった家に、
Tom は二年後、
今度は夫の
”妻と子どもたちがいない”
という通報でかけつけた。

出張から一日早く帰宅したという夫は、
その日の朝に
自宅にいる妻とネットを通して
会話をしたというが、
争った形跡はないものの
Tom には最低数日間は
人がいた気配がないと感じていた。

車もキャッシュカードが入った
婦人のハンドバッグも
子どもたちの衣類もおもちゃも
全て家にある。

だが不思議なのは、
家族の写真が一つもないという事だった。

捜索に必要な写真が一つもない状況で
Tomは4人の安全確保のため
事件解決を急ぐ。


***

面白かった
のですが、
大筋の展開や
Danの失踪の真実、
両親の死の真実

最初から想像できました。

Dan は失踪した時点で
すでに Robert に殺されていただろう
とは思ってましたが、
さすがに
血痕が Olivia たちが発見させるために残したもので、
それが Dan の兄のものだったため、
娘の父親が兄(叔父)の方だと
ウソをつかなくてはいかなかった

というのは想像できなかったです。

でもそれは、最後の最後に明かされる
Robert が確実に逮捕されるために敷いたレール
だったという事で、
Olivia と子どもたちに
何が起こったかというのとは全く関係なく。

だからと言って、
”驚愕の真実”
と表現するにはインパクトが弱く・・・

展開が予想できたからか、
Olivia の視点から語られる部分は
単なるつぶやきにしか聞こえなくて、
長くて退屈なものでした。

Tom 、いい人だけど、
捜査中の事件について彼女と話したり
資料を見せたりって
警察としてどうよ!?

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。