Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ 本: スロウハイツの神様 (上・下)TOP in Japanese ≫ 本: スロウハイツの神様 (上・下)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本: スロウハイツの神様 (上・下)



スロウハイツの神様
辻村深月


人気作家チヨダ・コーキが、
ファンによる殺人ゲームにより筆を折ってから10年。

「コーキの天使ちゃん」によって
復活を遂げたチヨダ・コーキは、
新人脚本家・赤羽環に誘われ、
彼女がオーナーを務める「スロウ・ハイツ」に入居し、
クリエーターを志す狩野たちと暮らし始める。

加々美莉々亜の存在から
変革を始めていたスロウハイツでの生活は、
ある日、
一通の郵便が環の手に渡ったことで
大きく揺れ始める。
(Wikiより)


***

面白かった

本を読み返すタイプではないのですが、
この本はいつかまた
読んでみたいと思う本です。

こんなにあったかい気持で
読み終えることができる本だとは、
上を読む限りでは
想像もつかなかったです。

殆どの登場人物の印象が
上下で随分違うのも印象的。

やっぱり一番印象深いのは
コーキ視点の話。
伏線が回収されていくのは
本当に気持良くて微笑ましい。

図書館の本、駅のテレビ、サンタが売るケーキ
など
その全ての後にはコーキがいたなんて
なんて素敵なんでしょう

サンタの正体は簡単に想像できたし、
コーキが環と正式に会った時に言ったひと言は、
単純に
初対面じゃないからだろう・・
とは思いましたが、
まさかこんなに大きなストーリーがあるとは
思ってもみませんでした


コーキのストーリーを読んでしまうと、
上で読んだ多くの部分の印象が違ってきます。

本当に面白かったです

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。