Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOPスポンサー広告 ≫ 本: and she wasTOP in English ≫ 本: and she was

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本: and she was



and she was
Alison Gaylin


6歳の Iris が
行方不明になったのは11年前。

いなくなる直前に
Iris を見た Carol は、
何があったのか
独自で調べていた。

だが、その Carol が失踪した。

彼女の財布は、
今は空き家となった
Iris の家で見つかった。

Carol の夫から
妻を探して欲しいと依頼されたのが
私立探偵の Brenna。

Brenna は、
超常記憶症と言われる、
過去に体験した事や見聞きした事を
全て記憶して
思い出す事ができる
希少な病気を患っていた。

Brenna の意思とは関係なく、
光景や匂いや言葉や音…
五感のどれもがきっかけになり
過去の記憶が蘇る。

その能力を活用し、
Brenna は
Carol を探し出そうとするが…


***

面白かった。

Brenna が思い出す記憶には
プロットには関係ないものもあって、
そういうのは
多少読むのが億劫だ
と思ったりもしましたが、
読む方がそう思うのなら
実際にそんな風に毎日を過ごしている人は
どういう気持なんだろう
とも思いました。

この作品に書くにあたってした
著者のリサーチでは、
超常記憶症の人には
記憶を整理して
納めることが出来る人もいれば、
終わらない映画のように
頭の中で流れ続ける人もいるそうです。

まっ それはおいといて。

早々に
Carol が死体で発見された ので
拍子抜けしてしまい、
それなら、
後は Iris の事件の解決か・・・
と思い読み進めました。

一見すると
よくありそうな
裏にいる有力者が全ての原因
という感じでしたが、
意外な展開で
なかなか面白かったです。

Iris が行方不明ではなく
事故死して
死体が隠されていた 
というのは
残念でしたが。。

でも、
Carol が死ぬ前に
Iris に何があったのかを
知り、
母親へ謝罪の言葉を残せたのは良かった。

読まれる事はなかったけど、
それはそれで良かった。

Brenna のシリーズになっているので、
刑事とのこれからも気になる。
次の作品にも出てくると信じて。

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


タイトルの
”And She Was" は
歌のタイトルでもあるようです。
作中で触れてます。
スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。