Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOP ≫ CATEGORY ≫ 読書
CATEGORY ≫ 読書
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本: And The Sea Called Her Name



And The Sea Called Her Name
Joe Hart


「29歳の誕生日に母はいなくなって
一週間も戻らなかったの」

出会った日に彼女はそう言った。

彼女が生まれる前、
両親が結婚した翌週のことだったらしい。

その彼女と結婚し、
貧しいながらも幸せに暮らしていたが、
ある日を境に
奇妙なことが起き始める。


***

これは40ページの
ショートストーリー。

展開は読めてしまったけど、
なかなか読み応えがありました。

から遠く離れた場所で暮らし
水に拒否反応を起こすようになった
主人公の様子から恐怖が読み取れて、
共感できて、
彼女が去ってしまった部分ではなく
その最後の部分を読んで気持ち悪くなりました。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


今回、飛行機で読みたいのは
ホラーじゃないかも
と思いました。笑
スポンサーサイト

本: The Edge of Life



The Edge of Life
a short horror story
Joe Hart


ある朝、玄関のドアを開けると
見たこともない
奇妙な男が立っていた。

そして、奇妙なことを言い出した。

このドアを閉めたら、
妻と子どもたちは殺されていて、
僕がその殺人の罪を着せられる
と…

そして、さらに奇妙なことを言い出した…


***

22ページという、
本当に短いストーリー。

過去の読書記録を見ていたら、
"Lineage"がどれだけ面白かったか思い出し、
その著者の本を探してみました。

面白そうなのがあったら、
飛行機の中で読めるし…
と思ってましたが、
ホラーの気分かどうかも、
ジャンルも決められず、
ショートならすぐに読み終えることができるので
とりあえず、と思って購入。

飛行機に乗る前に読んでしまいましたが。笑

ストーリーはというと…
いろいろ考えると、
あんな風に家族を殺すことができる男なら
他人に殺人を依頼せず
自分自身で実行した方が
早いじゃない
なんて思ってしまうのですが、
ショートなので、
素直に、何も考えず
読んだままを楽しむものだと思いました。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


本: 僕とおじいちゃんと魔法の塔①



 僕とおじいちゃんと魔法の塔①
香月日輪


岬にたたずむ黒い塔。

まるでお化け屋敷のようなその塔は、
鎖と南京錠で封印されているはずだった。

だけど、ある日、
塔に行ってみると、
そこには、僕が生まれる前に亡くなった
おじいちゃんが住んでいた。

しかもその塔には、
もっと驚く秘密もあって…

ヘンテコなおじいちゃんとの出会いが、
僕の決まりきった生活を変えていく。

Amazonより

***

素直に楽しめましたが、
子ども(小学生)向けですね。

私にはファンタシー要素も
何もかも中途半端に感じて、
全体的に物足りないと思いました。

でも、子どもたち(大人でも)に向けた
メッセージはとてもいいです。

にほんブログ村 本ブログへ

本: よろず一夜のミステリー 水の記憶



 よろず一夜のミステリー
水の記憶
篠原美季


不思議系サイト
「よろず一夜のミステリー」の運営会社は、
まだ二十代の御曹司社長・万木輝一をはじめ、
ライターの万聖など、個性派ぞろい。

暢気なアルバイト学生のは、
ある日、怪しい投稿を渡される
──呪い水で、人を殺すことができるらしいよ──。

都市伝説のような
不穏な噂が日ごとに増え続けるなか、
ついに事件が!

Amazonより

***

まあまあ楽しめました。

個性的なキャラが多く、
プロットもなかなか興味深いのに、
中途半端な感じ。

シリーズのようなので、
キャラは完成されていくと思いますが、
プロットはどうでしょう?
ライトノベルのレベル
と言ってしまえばそれまでですが…
個人的には物足りない感じがしました。

にほんブログ村 本ブログへ

本: 鎮火報



 鎮火報
日明恩


不法滞在の外国人が暮らす木造アパートで
放火!現場に出動した新米消防士・大山雄大は
“水をかけると広がる炎”
に疑念を持ち、
独自の調査を開始する。

だが、やがて第二、第三の凶行が…。

熱いハートを憎まれ口で隠し、
火事も事件も正面突破。

雄大のまっすぐな言葉と行動が
でっかい感動を呼ぶ、
青春消防ミステリー。

Amazonより

***

少し長いかな
と思いました。
雄大の口調に特徴があるので、
一人称小説でこの長さでは、
合わない人には読み難く
ちょっと気に障るかもしれないです。

でも話は面白かったです。

消防署や署員について
知らなかったことも多くて興味深かったです。

例えば、
タイトルの鎮火報。
今はうるさいという苦情があって
鳴らさない事が多いようですが。。

火災現場で使用された水は
消防庁が料金を支払ってる事や、
勤務時間中は
食事の買い物にさえ行けないとか…

すぐ近くに消防署があって、
通る度感謝の気持ちをもって見てましたが、
その気持ちが益々強くなりました。

いつもお疲れ様です

にほんブログ村 本ブログへ

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。