Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOP ≫ CATEGORY ≫ スイス
CATEGORY ≫ スイス
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

スイスのお城

swiss03a

スイスから家路に向かう途中、
行き当たりばったりに
見つけた素敵な景色などの写真です。

いつまで経っても
未整理のままの2月の写真フォルダー

すご~く気にはなっていたのですが、
なかなか重い腰が上がらず

旅行の写真って
被写体の情報整理も兼ねるので、
時間がかかるのですよぉ。

でもやらなきゃ、
後で見て「これは何だろう
状態の写真が残るだけ。

なので、
頑張って2月のスイス旅行の最後の日記
仕上げます!

多くの写真はサムネイルにしますので、
興味のある方はご覧下さいね。

まずはインターラーケンを出て
暫くドライブした後に見えてきた
きれいな湖畔の町シュピーツ Spiez。

swiss03b  swiss03c

右の写真左の方に小さくですが
見えるのがシュピーツ城 Schloss Spiez。

湖はトゥーン湖 Thunersee。

swiss03d

シュピーツ城の方ではありませんが、
湖近くまでドライブ。

swiss03e  swiss03f

この辺から雨がぽつりぽつり

でも雨で少し霞んだ湖と山の景色も素敵。



姫と王子が待つ車へ戻り、
次はトゥーン城 Schloss Thunへ向かいます。
スポンサーサイト
旅行 スイス | Comments(-) | Trackbacks(-)

ビッグマック=千円(。。lll)

まだ終わってなかった旅行記

写真が多いので
一つにまとめきれなかったのをお許しください。笑

jungfrau02a

ユングフラウヨッホからユングフラウ鉄道で
クライネ・シャイデック駅(スキー場)まで下り、
そこから乗り換えて
西回りでインターラーケンへ戻りました。

下りていく途中にも
こんな風に別のスキー場が見えたりします。

jungfrau02b

列車の窓越しの撮影なので
少しの影などは気にしないで下さい(^^ゞ

インターラーケンよりはこじんまりとした素敵な村
とホテルの人に教えてもらった
グリンデルワルト(グリンデルヴァルト) Grindelwald で下車。



村が見えてびっくりしたのが、
観光バスの数!

ここもインターラーケンと同じく
観光客の拠点になってるようで、
冬はスキー客が多いんですね。

jungfrau02c

ヨーロッパのスキー客が多いようですが、
日本人も多い証拠に
日本語観光案内所の立派な建物がありました。
(写真は撮ってません。^^:)

jungfrau02d

建物の後ろに見える山が
まるで記念撮影用のバックスクリーンのよう。

ヨーロッパ一高い駅

jungfrau01a

といっても値段ではありません。

実際、料金も結構しますが
高い位置にある駅という意味ですよ。

そう、
このユングフラウヨッホ Jungfraujoch
こそが今回のスイス旅行の目的でした。

インターラーケンで
イタリアンするのが目的ではなかったんですよ。笑

ヨーロッパ一ということは、
世界一は

調べてみたら
世界一高い位置にある駅は中国にあるそうです。

インターラーケンWestの駅から列車に乗り、
Ostの駅で乗り換え。

周りを見てみると 

jungfrau01b

スキーブーツを履いて
スキー板やスノウボードを持ってる人ばかり!

この時期、
観光だけの私たちは確実に少数派

jungfrau01c
スキー板やスノウボードはこんな風に運ぶんですね。

行きは東回りに決めて
ラウターブルンネンLauterbrunnen駅で乗り換え。
(トップの写真はラウターブルンネンの駅です)

写真がものすご~く多くなるので
サムネイルを含めます。
興味のある方はクリックしてみて下さいね。

列車が進むごと雪も少しずつ増えていきます。

jungfrau01d


子育てスタイルに参加中♪


前日と変わってこの日は晴天

陽射しの関係もあって写真はあまり撮れませんでしたが、
そうしているうちに
クライネ・シャイデックKleine Scheidegg駅に到着。

目的地でもないけど、
本当にきれいで
ここまで来れただけでも満足と思える景色

ビアグラス☆夕飯

inter dinner01a

ホテルにチェックインした後、
翌日使う駅をチェックしながら
またインターラーケンの町を散歩しました。

interlaken01j

interlaken01k

ランチを軽く済ませたので、
早めに夕食にしようとレストランを探しましたが、
スイスらしいのはフォンデュくらい??

一度スイスで食べてみたいけど、
そんな気分じゃなく・・・

タイ? 中華?
スイスに来てまでね・・・

と決めたのはピッツァリア。



タイや中国よりは近いし、
お隣の国だからいいかっ。笑



トップは主人の頼んだカラマリのフライとサラダのセット。

こちらは↓私の
茄子のハム巻きのラタトゥイソース添え。

inter dinner01c

Interlaken インターラーケン

interlaken01a

今回私たちが滞在したのは
インターラーケンという、
”湖の間”という意味の通り
二つの湖の間にある町でした。

写真が多くなりますがお付き合い下さい。

到着がホテルのチェックインには少し早い時間だったので、
車はホテルの駐車場に置いて
町を散策

でもこの日は天気があまり良くなくて、
はポツポツと落ちるし、
何より風が強くて寒い

お決まりのように、
姫と王子はブーブーと文句だらけ

でもそんなのは聞こえないフリ。


interlaken01e

どこに行ってもお花屋さんっておしゃれ


interlaken01d

観光の拠点となる町で夏は賑わいそうだけど、
この日は天気も悪いせいか
人もまばらで歩きやすかったです

寒かったので
カフェで少し休憩

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。