Lucky Me!

転勤族で、現在沖縄。専業主婦の日々の記録。 
TOP ≫ CATEGORY ≫ ドイツ
CATEGORY ≫ ドイツ
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

一泊には素敵すぎた

金曜日は、
午後2時頃までは
太陽も青空も見えてとても良い天気だったのに、
家を出た頃には
空は真っ暗で雨

子どもたちが学校から帰ってくるのを待って、
パパッと準備をさせて出発。

金曜日の午後だし、
道路も混むだろうと予想していた主人が
あまりにせかすもんで、
前日記は超適当になってしまいました。

目的のオランダの町までは3時間ちょっと
というのがグーグルの予想でしたが、
ドライブが帰宅時間になるので、
”途中で一泊しよう”
という主人提案で
ドイツ・コブレンツKoblenzに近い
ファハバッバFachbachという町にあるホテル(&レストラン)で一泊。

hotelcoblenz01a

コンチネンタルブレックファースト付きだったので、
これは↑翌朝の私のプレート。

カイザーゼンメルが
今まで食べた中で一番美味しかった

薄いクラストが
本当にパリパリッとしてて、
スライスする時の音が気持ちいいほど!
なのにクラムは
もちもちふわふわ

パンパーニッケルもしっとりしてて
なかなかでした。

hotelcoblenz01b

ホテルはレストランも一緒の
Hotel Gasthaus Stadt Coblenzというのですが、
名前は変えた方がいいじゃないか
と思いました。

というのも、
レストラン抜きの同じ名前のホテルがKoblenzにあるようで、
口コミ評価が最悪に悪い

私たちは4人用で予約したのですが、
最上階にあって
一番大きな部屋ではないか?と思うほど
スペイシャスな部屋でした。

hotelcoblenz01c

TV・ソファー・ソファーテーブル・椅子などが置いてあるリビングに、
寝室が2部屋。
それぞれの部屋に机と椅子も置いてあり、
1つの部屋にはシンプルなソファーも。

hotelcoblenz01d

バスルームには、
ガラス張りのシャワー室もタブも
別々に置いてありましたよ。

朝食の時に初めて他の宿泊客を見たのですが
全員が中年~のドイツ人男性でした。

チェックアウトして外に出た時に会った人たちは
ハンティング用のオレンジのジャケットを着てたので、
そういうアウトドアを楽しみに来てるひとたちなのかな
と思いました。

ファハバッハはコブレンツには近いんですが、
こじんまりとした山に囲まれた町でした。

と言っても、
着いたのは6時過ぎだったので
真っ暗で何も見えませんでしたが。

hotelcoblenz01e

Hotel Gasthaus Stadt Coblenz
Koblenzerstrasse 16
Fachbach, 56133

近辺で宿泊先を探している時はぜひ。
スタッフも親切でお勧めです

にほんブログ村 海外生活ブログへ



コブレンツは通り過ぎただけですが、
見てるだけでも古い歴史ある感じを受けました。
それもそのはず、
コブレンツは来年
2020周年を迎えるそうです。
街の歴史が紀元前に始まるってすごいですよね。

要塞都市でもあるようで、
その名残が見れるようです。
シュトルツェンフェルス城はドライブしながら見る事が出来ました。
コブレンツでもゆっくり出来たらなぁと思いました。

support banner02 東北関東大震災 緊急支援クリック募金
スポンサーサイト

Burg Hohenzollern

近くにこんな大きなお城があったの
と昨夜の発見。
今日車を飛ばして行ってきました。

ホーエンツォレルン城

我が家から130キロほどの距離なので
”近く”とは言わないかもしれませんが、
ノイシュヴァインシュタインには行ったのに、
比較的近くの
この規模のお城を知らなかったなんて・・・

hohenzollern01b

山の上にあり、
遠くからでも
シルエットがとてもきれいです。

山の中腹辺りに駐車場があり、
私達はその中でも一番上にある駐車場に。
(2ユーロ)

そこからはシャトルバスで頂上のお城まで。
(大人2名・子ども2名 往復で8ユーロ)

hohenzollern01c
お城への入り口&チケット売り場

室内見学も含めた入場料は、
家族チケット(大人2名×子ども4人まで)で25ユーロ。

室内見学はせず、
建物の外だけを見る事もできますよ。

hohenzollern01d

ゆるい螺旋状の道を登っていきます。

hohenzollern01e

hohenzollern01f

hohenzollern01k

中庭に行く前に、
まずは建物の外側を歩いて
景色と銅像をチェック。

hohenzollern01h

hohenzollern01i

hohenzollern01j

どれだけ高い所に建ってるか
伝わりますか?

写真が多くなりますので、
興味のある方は
追記からお付き合い下さい

にほんブログ村 海外生活ブログへ


東北関東大震災 緊急支援クリック募金

シュパイアー大聖堂

speyer02a

シュパイアー大聖堂

正面から向かって右の側面から撮った写真。
大きすぎて入りません

残念ながら、
主人はワイドアングルレンズで撮ってなかったので、
私の写真で我慢です。笑

正面。

speyer02b

これは主人のワイドアングルレンズで。
私のカメラでは全体が収まりません。

それでも後方の塔はまったく見えません。

少し離れて、
歩行者路からは見えますが、
それでもさらに後方にある塔は見えませんね。

speyer02c

シュパイアー大聖堂は、
1981年に世界文化遺産に登録されました。

コンラート二世
(ドイツ王在位1024~1039年
神聖ローマ皇帝在位1027~1039年
ブルグント王在位1033~1039年)

が、自身の永眠の場所として
建造させた聖堂だそうです。

他にも、
後の神聖ローマ皇帝7人や
ドイツ王、その妻たちが葬られています。

大聖堂は、
二度フランスの攻撃に遭い、
二度の修復が行われ、
1961年には創建当時の姿に戻す工事が行われたそうです。

聖堂の外、南側には
素晴らしいオリーブ山の彫刻があります。

speyer02i

もともと聖堂の中にあったオリジナルが破壊されたので、
これはシュパイアーの彫刻家ゴットフリート・レンによって
19世紀に製作されたそうです。

メトラッヒ:ビレロイ&ボッホ

mettlach01a

土曜日の目的は
メトラッヒ Mettlach という町。

去年、
ルクセンブルクから帰る途中に見かけた
”ビレロイ&ボッホ アウトレット”
という看板を見てアウトバーンを降りて見つけた町。

でも見つけるのはちょっと大変でした

アウトバーンを降りて一つ見かけただけで、
その後は看板がないんだもの。

車を走らせて、
この方角でいいんだろうか
と何度思ったことか。

やっぱり違うんじゃないか
とアウトバーンに向かって引き返したことも。

なんとか見つけることが出来ましたが、
日曜だったのか時間が遅かったのか、
ショップは閉店した後。

「いつか来ようね」とGPSに記録させたのは
10ヶ月前

やっと実現できたというわけ。

アウトレットショップがあるのは、
短い歩行者専用路。


mettlach01b

普通のパン屋さんやカフェもあります。

mettlach01c

ショップは、
調理器具のSilit(シリット)、Land's Endや靴屋さんなどもあります。

ビレロイ&ボッホはというと、

リヒテンベルク城跡

lichtenberg01b

悪天候のためずっと延期にしてた
遠出をしてきました。

今年初めての観光

プチ観光だけど。^^


考えてみると、
去年は1月からローテンブルクを始め、
有名な場所だけじゃなく
近場の城跡など、
本当に色々なところへ行ってました。

それだけ雪が降らなかったということなんですね。
なのに、今年は本当にすごい雪

金曜日、
子どもたちは学校から、
主人は仕事から帰宅してすぐに荷物をまとめて出発

目的地は
そんなに遠い場所ではなかったんですが、
土曜日に早めのスタートが切れるように
中間地点で一泊することにしたんです。

今回の目的だったのは
写真がまだ整理できてないので後回しにして(笑)、
その後出かけたリヒテンベルク城跡を紹介します。

インターネットでは情報が得られなかったので、
城跡にあった説明より少し。

lichtenberg01a


lichtenberg01h
城壁の写真だけじゃサイズが想像しにくいけど、
 人と比べるとどれだけ大きいかがわかります。




城は1200年にフェルデンツ伯爵によって建設が始まりますが、
嗣子(あととり)が途絶えた1444年に、
外孫である
プファルツ=ツヴァイ・ブリュッケン公爵が城・領域を相続します。

1793年にはフランス革命軍に占領されたりしますが、
戦争で破壊されることは一度もなく、
3度の火事災害に遭ったようです。

lichtenberg01d

Profile

SissyR

Author:SissyR

趣味
読書
ハンドメイド
音楽(洋・邦)


〔家族〕
主人
娘 Shay(15)
息子 Bie(13)
愛♀猫 Bailey(1歳半)
愛♂猫 Midnight(1歳半)

遊びに来て下さって
本当にありがとう♪♪

***

Our thoughts and prayers
are
always with YOU.

東北を応援してます。


☆義援金リンク☆
日本赤十字社
American Red Cross
Direct Relief International

***

不適切と感じた
TBは削除させて頂きます。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索
Something Special
トリップアドバイザーにお勧めブログとして 認定されました♪
Thanks 4 visiting!
free counters
QRコード
QRコード
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。